腸セラピー・内臓デトックス レインドロップで不調を改善
Home » 腸の温め効果

腸の温め効果

腸を温めることを大切にしています

 

内臓のなかで一番重要視しているのが腸です。腸のなかでも、腸内の働きで一番大切なのが腸内フローラ・腸内細菌叢です。腸を温めてマッサージすることが、腸壁などに溜まっている毒素を排出し腸内細菌を活性化させることにより腸内フローラのバランスが整い活性化されます。

腸内細菌は私たちの健康を維持するうえで非常に重要な働きをしていて、免疫機能の70%くらいを腸内細菌が支えています。腸内細菌のバランスが崩れると病気になりやすく体調不良なことが多く疲れやすくなります。

人が幸せを感じるセロトニン・別名 ハッピーホルモンは脳で分泌されるのですが、その元となる物質は腸で作られ脳に送られます。それを脳に送っているのが腸内細菌です。

そんな大事な腸を温めマッサージすることにより腸内を活性化させます。活性化した腸は血流が良いおかげでバランスが整い、様々な不調の改善にとても有効な働きをします。

シルキーガーデンの最大の特徴は、薬草ハーブーボールとホットストーンをお腹に使い腸と脳を同時に活性化していく事で、不調を改善していきます。リラックス効果もたかい癒されるトリートメントになっています。

 

herbboll

 

 

 

 

 

Twiiter

Copyright(c) 2015 All Rights Reserved.