blog

残暑お見舞い申し上げます

更新日:

季節の移りかわりは、

早いもので

8月8日を過ぎ立秋にはいりましたね♪

残暑お見舞い申し上げます

 

 

 

 

 

残暑の厳しい時期に気をつけていただきたいことがあります。

それは、お腹の調子です。

食欲が落ちたり

ごはんがおいしく感じなかったり

下痢や便秘で困ったり

なんかイマイチだったり

しないですか?

暑い夏は、どうしても

「冷たい飲みものはいけない」と

知っていながらも

「そうは言っても・・・・。」と

飲んでしまいませんか。

夏の時期は、汗もかくので水分補給のために

たくさんの水分もとるし

冷たいものを食べたり飲んだりも多いし

外の暑さと冷房の冷えで気温変化が

激しいのもあって

おなかに「痰湿」がたまりやすくなります。

痰湿というのは、

「体内ヘドロ」だと思ってもうらうとわかりやすいです。

日本の夏のように暑さと湿気があると

できてしまいやすくなります。

この体内ヘドロは、早めにデトックスするのが

すごく大事です。

取ってあげないと

いつまでも本調子にもどらなく

なってしまいます。

夏バテで体調崩して

 

 

 

 

「涼しくなっても治らない」

というのは、だいたい夏の体内ヘドロのせいです。

『夏気者病在藏  夏の気候は内臓に病気を起こす』

という言葉があります。

これは夏の気候は下痢とか胃腸トラブルを起こしやすいという意味なんです。

体内ヘドロは腸にできちゃうから。

胃腸を休めてあげるのが、

治すのにも、胃腸の掃除をして予防するのにも

どちらにも効果的です。

軽く夕食断食と夕食の量を減らすとかホントに効きます。

あと、

お腹のマッサージも効きます!!

残暑で胃腸の調子が悪くなってたら、

数日間くらい続けて食事の量を減らしたり

お腹のマッサージをしてみるといいですよ。

すごく楽になります♪

ハーブでは、パチュリです。

アロマだと重くて少し特徴のある香りです。

地に足をつける=グランディングにも

お勧めなハーブや精油です♪

体内ヘドロが溜まると

体だけでなくて心の状態も悪くなります。

いろいろなことがおっくうになります。

だるくて、重くて・・・・。

秋冬は、気持ちが少しづつ落ち着いてきて

内面を見つめるのによい季節をむかえます。

でも・・・・。

体内ヘドロが残っていると

うまく内面を見つめられないんですよね・・・。

せっかくの季節の恩恵を受けるためにも

ぜひ今のうちに

体内ヘドロを掃除して

心も体も軽くしませんか。

そして軽やかに

「地に足をつけませんか♪」

 

-blog

Copyright© チネイザン サロン&スクール , 2019 All Rights Reserved.