腸セラピー・内臓デトックス レインドロップで不調を改善
Home » chineizan » 子宮ケアされていますか?

子宮ケアされていますか?

2019年01月08日 category : chineizan 

子宮ケアされていますか?子宮というと、どういうイメージをお持ちですか?サロンでは、チネイザンという施術をさせていただいていおます。子宮は、女性にしかない臓器、女性のシンボルでもあります。いらしていただいている方たちに。子宮に対するイメージを伺ってみると、だいたいその人が自分に対してイメージしていることを、子宮に対してお話しをされます。

貴女は、子宮に対してどんなイメージをお持ちですか。

お腹には、今まで無意識にためてきた感情が溜まっていると言われています。その感情に溜まっている負の感情がいろいろな不調の原因のもとだということは、ご存知ですか。よくきく言葉に、「ストレスからきている。」ということは、ご存知だとおもいます。ストレスも溜め込むとよくないということは、ご存知ですよね。よくよく考えてみるとわかるとおもうのですが、ストレスの先にあるものに目をむけてみていただくとわかるとおもうのですが、「本当は、こんなことしたくない。」「疲れている。」「もう休みたい。」「〇 〇さんのせいで、私は、こんな想いをしている。」そんな風におもっていたりしませんか。何々したいという想いのさきに、感情があることに気づかれるとおもいます。「怒り」だったり、「悲しみ」だったり、「不安」だったり、「怖れ」だったり・・・。それが、お腹のなかに溜まっている感情です。臓器のなかでも、多く感情が溜まっているのが子宮です。 子宮ケア   「生理が重い」「PMSがある」「生理周期が乱れている」「手足が冷えている」「お腹が冷えている」「むくみがある」そんな症状も内臓にたまっている感情からきていることが多くあります。それほど感情というのは、大きなパワーをもっています。 お腹や子宮を温めたり、マッサージをしてあげることにより、自分の溜めてきた感情にきづいたり、解放をしてあげることができるようになります。感情を解放することができるようになると、生理的現象としてでてきている不調、「生理がおもい」「生理前に、イライラする」「生理周期が乱れている」などと感じている不調もいつのまにか消えていたりする方がおおいです。 ご自身でも簡単に子宮をマッサージしてあげることはできるので、眠るまえなどにお腹に手をあててマッサージをしたり、温めてみてください。血流もよくなり、副交感神経がたかまりリラックス効果もあがるので、眠りの質もあがり翌日の目覚めもよくなりやすくなります。 シルキーガーデンでは、チネイザンをお受けになっていただいるかたには、簡単な子宮ケアの方法などもお伝えさせていただいています。せっかく女性に生まれたのだから子宮は、自分自身でもあるので子宮ケアをして、より女性を楽しでいく人が増えたら嬉しいです。

Twiiter

Copyright(c) 2019 All Rights Reserved.