腸セラピー・内臓デトックス レインドロップで不調を改善
Home » cyouserapi » 腸内フローラが女性ホルモンに似たエクオールを作る・更年期障害

腸内フローラが女性ホルモンに似たエクオールを作る・更年期障害

2015年03月01日 category : cyouserapi 

私たちの腸には100兆個以上の腸内細菌がすんでいます、その腸内細菌の生態系を腸内フローラと呼んでいます。

宇宙をマクロコスモス、腸内をミクロコスモス・小宇宙と例える表現があるのですが、お腹のミクロコスモスというのは腸内細菌の例えなのです。

近年にはいり腸内フローラー、腸内細菌の研究がすすみ、健康やダイエットにも影響があり、脳にも影響し個人の性格にも大きな関係があるとされ注目されています。

私たちの腸には、想像もできないほどの種類の細菌が腸内に生息しています、そしてそれぞれみんな違った腸内細菌を保有しています。

女性の体におおきく関わっているのが女性ホルモン・エストロゲン。年齢とともに減少していく女性ホルモンですが、エストロゲンに似たはたらきをするエクオールは腸内細菌によって作りだされている物質だそうです。年齢とともに減少していくエストロゲンを補うはたらきがあり更年期障害をやわらげるだけでなく、乳がん、高血圧などの予防と改善が期待されているそうです。

大豆を食べた人すべてがエクオールに変換できるわけではなく、変換できる人は、日本人には半分のひとしかできないそうです。なにが原因でそうなっているのかはよくわかっていませんが、腸内細菌によってエクールが作られるので、その人の腸内環境が影響しているのではないかとそうぞうされています。

実験結果では、乳酸菌飲料などを摂取している人やオリゴ糖を摂取している人にエクオール活性がたかまっているそうです。

なにが原因でそ うなっているのかはよく分かっていませんが、腸内細菌によってエクオールが作られるので、その人の腸内の状態が影響しているのではないかと想像されていま す。実験結果でも乳酸菌飲料などを摂取している人や善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂取している人にエクオール活性が高まっていることを見れば腸内細菌の状 態が影響していることが想像されます。

エクオールをたかめてくれる食品がなにかはまだわかっていないそうですが、比較的可能性がたかいといわれているのは、乳酸菌などのヨーグルトや乳酸発酵した漬物をとるなどの発酵食品を食べることだそうです。

更年期障害が気になる方、乳がん予防には、植物乳酸菌の摂取・腸内細菌が活発に働いてくれる腸内環境を整えて、女性ホルモンに似たエクオールを育てていきたいですね。

エクオールと腸内フローラの可能性は、今後注目です♪

chou

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Twiiter

Copyright(c) 2015 All Rights Reserved.