腸セラピー・内臓デトックス レインドロップで不調を改善
Home » cyouserapi » 腸活の腸マッサージで腸内フローラを改善しましょう

腸活の腸マッサージで腸内フローラを改善しましょう

2015年03月19日 category : cyouserapi 

腸活を始めて、腸内フローラを改善しませんか?

ここ数年、腸内環境を整えることで肌荒れの改善やダイエット効果が得られるとして、「妊活」ではなく「腸活」が話題になっていますね!この腸活、実はアンチエイジングにとっても効果があり、美意識の高い女性たちの間でかなり高い関心を持たれています。

私たちの腸は食べ物の消化や栄養の吸収、毒素や老廃物の排出など、様々な役割を担っています。そのため、腸内環境が悪くなると身体のさまざまな部分に不調が現れます。自立神経の乱れや、美容に必要なホルモンの分泌量の減少につながり、内面も外見も老化のすすみがはやくなります。

NHKの腸内フローラ解明!驚異の細菌パワーでもとりあがられたことにより腸内細菌の働きにより女性ホルモンに似たエクオールも腸内細菌がつくっているということで「菌活」が注目されています。腸内環境を整えることで、腸内に住んでいる腸内細菌のバランスがよくなり女性ホルモンに似たエクオールだけではなく、セロトニンもつくってくれます。

女性ホルモンに似たエクオールやハッピーホルモンのセロトニンを作ってくれる腸内細菌を整えるのにも「腸活」はお勧めです。

腸は、体内に入ってきた食物を消化するための消化酵素を分泌しています。この消化酵素が減少すると、腸内細菌のバランスが乱れて悪玉菌が増加してしまうため、さまざまな不調に見舞われることに。。しかし、体内での酵素の生成量は限られているため、消化に負担のかからない食事をこころがける必要があります。

また朝は、排出の時間。腸のぜん動運動は、腸内にたまった排出をするための大切な働き。腸が弱っていると、このぜん動運動が行われず、消化吸収機能が弱まって便秘の原因となります。便秘が慢性化してしまうと腸のぜん動運動は更に低下し、便や老廃物を体内に溜める一方。排出されない便は、腸のなかで腐敗し、更にはシミやシワのもととなる「活性酵素」を発生させる原因に・・・・。

便秘が慢性化してしまうと腸のぜん動運動は更に低下し、便や老廃物は体内に溜まる一方。排出されない便は、腸の中で腐敗し、更にはシミやシワのもととなる「活性酵素」を発生させる原因に…。便秘とお肌や身体の細胞の老化は直結しているのです。

そこで、腸の働きにいいのが腸をマッサージする「腸もみ腸マッサージ」です!ソフトタッチなやさしいマッサージによって腸のぜん動運動を促し、老廃物のスムーズな排出をサポートしてあげましょう。

きもちいいという想う強さで、おへその回りをさするようにのの字を描くようにソフトタッチなやさしいマッサージをしてみてください。すこし触れるだけでしっかりと反応を返してくれるとても賢い腸です。毎日少しずつ触れるだけでも、驚くほど腸が活発に動くようになります。

「腸活」の基本、食事に気をつけることと、腸をマッサージをすることにより腸と仲良くなり、腸内環境も整い、腸内細菌とも仲良くなれます。腸内細菌となかよしになってエクオール、セロトニンを育てて腸内フローラを改善していきたいですね。

haxtukou

 

 

 

 

Twiiter

Copyright(c) 2015 All Rights Reserved.