腸セラピー・内臓デトックス レインドロップで不調を改善
Home » cyouserapi » 白湯デトックス・白湯がおいしくないのは内臓冷えかも

白湯デトックス・白湯がおいしくないのは内臓冷えかも

2015年03月27日 category : cyouserapi 

手軽に始められる白湯デトックス始めませんか?

白湯はおいしくない!あまり飲みたくない!と感じる方は、内臓冷えで、内臓の働きが悪いかもしれません。

内臓に老廃物が溜まっている可能性があります。

白湯は、水を沸かしたぬるま湯のこと。

人肌より温かい温度の白湯は、体を温める作用に優れています。健康やダイエットのために、ただ水を飲む健康法は、体を冷やしてしまうというデメリットがあります。冷えは、代謝を悪くして、解毒作用・デトックス作用を弱めてしまいます。

白湯デトックスでは、朝一番にコップ一杯の白湯を飲みます。体の冷えを解消し、体を温めることが可能です。白湯には、血液サラサラ効果もあり、就寝中にはたくさんの水分を消費しているので、白湯で水分補給をしてあげることは、体にとってベストなことです。

血流が悪い状態は、体にとって大きな負担がかかります。体内の毒素・老廃物をの排出が遅くなるだけではなく、血管疾患の要因にもなります。健康や美容のためにも白湯を飲む、白湯デトックスによる血流促進は効果的です。

水を温めて飲むだけの白湯のほかに、デトックス作用をたかめるために少量の塩を使うのもいいです。塩は豊富なミネラルを含んでいます。ミネラルは解毒に役立つ栄養素です。体内の解毒作用をたかめて、代謝を促進してくれます。代謝がよくなると解毒・デトックス作用がたかまります。

解毒・デトックス作用をたかめるのには、白湯の飲み方にあります。ゆっくり時間をかけて飲むことにより排出効果がたかまります。白湯をたくさん飲めばいいということではなく、一日800CCくらいがベストです。それ以上飲むと白湯は、体への吸収がいいので、体にいい栄養素まで流されてしまい、むくんでしまうこともあります。

白湯を飲むことを習慣にして、内臓冷えを改善して、何かに頼ることなく自然に排出、デトックスできる体にしていきたいですね。

 

 

Twiiter

Copyright(c) 2015 All Rights Reserved.