腸セラピー・内臓デトックス レインドロップで不調を改善
Home » cyouserapi » 春うつ、春バテになりやすい人は、ゆったりとした時間を心がけてください。

春うつ、春バテになりやすい人は、ゆったりとした時間を心がけてください。

2016年03月13日 category : cyouserapi 

春になると気分が落ち込むという方はいらっしゃいませんか?

春になると、うつ病とまではいかず憂うつになりやすく毎年春になると気分が落ち込む症状をプチうつ・春うつといいます。

春は1年の中で1番変化の多い時期でもあります。別れ・出会い・就職・始まり・終わりなど環境の変化のなか、実は精神は常に緊張状態になっています。

春の環境は、新しい事が多いので心が追いついていかないまま、どんどん適応していかなければならないことも多く、春は暖かくなったり寒くなったり気温の差も激しく、季節の変化になかなかついていきにくく、自立神経のバランスを崩しやすいことにより気分が落ち込みやすくなります。気分が落ち込みやすくなるだけではなく、疲れやすく風邪をひいたり、体調を崩される方も多いです。

自立神経は、人間の身体や心を安定させるために快適な状態をキープしておくために働いてくれる大切な神経系です。

自立神経の働きは、外界の明るさ、湿度、心地よさなどにも敏感に影響されるため、初春の季節には、自立神経もフル回転をして働いてくれています。

自立神経に疲れがたまればたまるほど、気持ちが落ち込み沈みがちになり、不安になったり、イライラとしたり、プチうつ的な心の疲れがでてきやすくなるので、春はゆったりとした時間をつくるようにこころがけてみてください。

お風呂にアロマをいれてはいったり、散歩をして気分転換をして日にあたりセロトニンの働きをよくしたり、腸セラピー、腸のマッサージをしてホルモンバランス、自律神経のバランスを整えると心が落ちついてきます。

春うつになりやすいという方は、ゆったりとした時間を意識してみてください。

hanshinyoku

 

 

 

 

 

Twiiter

Copyright(c) 2016 All Rights Reserved.