腸セラピー・内臓デトックス レインドロップで不調を改善
Home » cyouserapi » 腸をきれいにする食べ物で腸活始めませんか?

腸をきれいにする食べ物で腸活始めませんか?

2015年04月13日 category : cyouserapi 

「腸をきれいにする」「腸内バランスを整える」といった腸活が、健康や美容のために注目されているのをご存知ですか?

「腸をきれいにする」「腸内バランスを整える」といったことは、健康のためにも、美肌のためにも、さらにダイエットにも必要なことですね。

腸内のバランスが悪いと、便秘や下痢になり、有害物質が蓄積され、口臭・体臭の原因にもなります。肌荒れの原因にもなり、太りやすくなり、痩せずらくなることも。さらに免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、アレルギーや病気にかかりやすくなったりします。

腸をきれいにする方法の一つに食事があります。腸をきれいにする食べ物は身近にあります。

腸内環境を良くするには善玉菌を増やすことが必要です。そのためには乳酸菌が効果的と言われていますね。しかし、乳酸菌は植物乳酸菌・動物乳酸菌と二種類あり、より整腸作用があると言われているのが納豆菌と植物乳酸菌なのです。

納豆菌は腸の中にいる善玉菌と一緒になって、酵素を作り出します。その酵素がさらに善玉菌を増やしていくのです。また、納豆菌は腐敗菌を抑える作用も、乳酸菌よりも強いと言われています。

また、納豆にはオリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は善玉菌のエサになるもの。納豆を食べると善玉菌が増えていき、腸内環境が整うのです。さら食物繊維が豊富な納豆。食物繊維と納豆菌が特殊な酵素を作り出し、腸をきれいにしてくれます。

酸味のある酢で腸活

酸味のある酢は唾液の分泌を活発にしますね。唾液がたくさん出ることで、食べ物の消化・吸収が促され、腸内環境が整います。また、酢には殺菌作用があることも、腸をきれいにすることにつながっています。

乳酸菌で腸内環境をよくするコツ

納豆や酢などは毎日の食事で取り入れやすいものです。1日に1回は腸をきれいにする食べ物を食べるようにしましょう。

腸をきれいにすることは何故必要か?

腸をきれいにすることでどのような効果が得られるでしょうか?一つには便秘や下痢の解消につながります。便秘をしている状態というのは、腸内に有害物質、老廃物が溜まっている状態です。

そのままにしておくと、血流にのって有害物質、老廃物が体内に回ってしまうことになり、汗腺から悪臭がしたり、口臭の原因になります。血液も汚れてしまうため、肌荒れの原因にもなり、肌もくすみがちになります。

腸内に悪玉菌がはびこると、免疫力も低下し、さまざまな病気にかかりやすくなります。さらに、代謝機能が衰えることで、太りやすく痩せずらくなります。

「腸をきれいにする」「腸内バランスを整える」で食べ物を普段とるように心がけて腸活生活をおくりましょう。

food_natto

Twiiter

Copyright(c) 2015 All Rights Reserved.