腸セラピー・内臓デトックス レインドロップで不調を改善
Home » cyouserapi » 腸内フローラを改善して便秘を解消しましょう

腸内フローラを改善して便秘を解消しましょう

2015年04月20日 category : cyouserapi 

がんこな便秘で悩んでいる方は、腸内フローラ・腸内細菌の数が少ないということが最近の研究で報告されたのをご存知ですか?

腸内フローラ・腸内細菌は食生活や年齢、ストレスなどによって変化します。健康な人の腸内は、腸内環境のバランスが保たれていますが、バランスが崩れると、病気やアレルギー、肥満などの原因になるといわれています。

がんこな便秘は腸内細菌のバランスの崩れや数が少ないことからおこります。そして便秘によって悪玉菌が増えるという悪循環に陥ってしまいます。

便秘を解消するには、植物乳酸菌や植物繊維、善玉菌のエサとなるオリゴ糖をとると、善玉菌がどんどん増えていきます。すると、善玉菌が作る乳酸の刺激で腸のぜん動運動が活発になり、便通が改善します。

ストレスがあると乱れてしまう腸内環境、ストレスを溜めないことも腸内環境のバランスを保つのには大切なことです。

ストレスが溜まったり、免疫力が低下をしてがんこな便秘なときなどは、自分でお腹のマッサージ、腸もみをしてぜん動運動を活発にして、便通を改善することもできます。セルフで難しいときは、人にしてもらうことによりリラックス効果がたかまり、副交感神経が優位になり、ぜん動運動も活発になり、腸内環境のバランスも整います。

便秘だけではなく、気分の落ち込み、肥満、老化などにも腸内フローラ・腸内細菌がかかわっているといわれていますので、腸内フローラを改善して、便秘を解消していきたいですね。

diary_130925

 

 

Twiiter

Copyright(c) 2015 All Rights Reserved.