腸セラピー・内臓デトックス レインドロップで不調を改善
Home » cyouserapi » むくみ腸を改善して便秘を解消しましよう

むくみ腸を改善して便秘を解消しましよう

2015年06月07日 category : cyouserapi 

「むくみ腸」という、腸にもむくみがあるのをご存知ですか?

梅雨や夏になるとむくみが気になることがありませんか?むくみは、脚や顔だけではなく、腸のむくみもあります。

日頃から便秘で悩まれている方は、もしかしたらむくみ腸かもしれません。

むくみ腸は、便秘の原因にもなります。

そもそも大腸は、便に含まれている水分を腸壁を通じて吸収していますが、その水分がうまく排出されないと腸感がむくんでしまいます。この状態が、むくみ腸です。水分がが排出されない原因は、腸の血流障害にあり、腸の血流が滞ることで水分がうまく流れず、腸壁にたまってむくみになってしまいます。

そもそも大腸は、便に含まれている水分を腸壁に通じて吸収していますが、その水分がうまく排出されないと腸管がむくんでしまいます。この状態がむくみ腸と呼ばれています。水分が排出されない主な原因は腸の血流障害にあり、腸の血流が滞ることで水分がうまく流れず、腸壁にたまってむくみになってしまいます。

むくみ腸になってしまうと、身体全体がむくむため、身体が冷える原因となっります。加えて、腸そのものの動きが悪くなり、資質や糖などの分解障害を引き起こしてしまいます。そのためにエネルギーがうまく使われずに太ってしまうことがあります。何年も便秘に悩んでいる便秘症も、むくみ腸によって便秘が妨げられてしまう場合もあります。

むくみ腸の原因である腸の血流障害は、便秘のほか下剤によっても引き起こされます。下剤は腸に刺激を与えることで便を排出していますが、刺激物である下剤を慢性的に服用すると、粘膜が炎症を起こして血流が悪化してしまいます。

腸内環境を整えるのには食生活の改善も必要です。乳酸菌は、腸内環境を整える効果は期待できますが、植物乳酸菌はより便通改善効果が望めます。

また、ぜんどう運動をサポートする植物繊維をあわせて摂取することで、水溶性のものは便をやわらかくして排出しやすくし、非水溶性のものは便のかさを増すとともにぜん動運動を促す効果があります。

もうひとつのポイントは、腸を刺激して便を押し出すために、おなか周りの筋力を鍛えることです。

便秘が気になっている方は、食生活を改善して、お腹周りの筋力を鍛えてむくみ腸を改善して便秘も改善していきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

Twiiter

Copyright(c) 2015 All Rights Reserved.