腸セラピー・内臓デトックス レインドロップで不調を改善
Home » cyouserapi » 胃腸に負担のかからない食べ方

胃腸に負担のかからない食べ方

2015年08月10日 category : cyouserapi 

東京・麻布十番
腸セラピー・チネイザンのシルキーガーデン

こんにちは!セラピストの石井です♪

胃腸に負担のかからない食事を心がけていらっしゃいますか。

最近、炭水化物をひかえたり、糖質制限をされていたり、食事の食べ合わせに気をつかっている方増えてきていますね!!

特に炭水化物のなかでもパスタを食べると、食後に眠くなります・・・・。

美味しいから食べたいとおもい、食べて食後眠くなり後悔することがしばしばあります。

パスタやパンを食べる時は、しっかりサラダや生野菜などを食べて消化を助けてあげないといけないお年頃なのを感じております。

子供の頃の食事の好みが、一生食事の好き嫌いのバロメーターになるといわれておりますので、どうしても好きだったものが炭水化物系よりになりやすかったりいたします。

体内酵素は、ある程度きまっていて、年齢とともに体内酵素は減っていきますので、しっかり食べ合わせや噛むことにより消化酵素を意識していかないといけません。

消化酵素を使う量がすくなければ、代謝酵素にまわり、お体の不調の改善や健康維持に使われるようになるからです。

お腹のマッサージ、腸もみなどをすることもいいのですが、食事も気をつかってあげることにより腸もみ効果もしっかり生きてきます。

日々の生活、衣食住、食を意識することが不調を改善していくうえでは必要になってきます。

食べ合わせを考えてあげると腸もみの効果もあがりますので、お腹のマッサージをセルフでされていらっしゃる方や定期的に腸セラピーを受けている方は、意識してみてくださいね!!

シルキーガーデンで、定期的に開催しています手作り酵素講座では、酵素づくりだけではなく、消化を助ける胃腸に負担のかからない食事のことなどについてもお話しをさせていただいております。

腸をしっかり育てていきたいですね!!

 

 

 

 

 

 

Twiiter

Copyright(c) 2015 All Rights Reserved.