腸セラピー・内臓デトックス レインドロップで不調を改善
Home » cyouserapi » 腸のゴールデンタイムを意識した生活

腸のゴールデンタイムを意識した生活

2015年02月06日 category : cyouserapi 

腸は、一日のなかでよく働いてくれる時間帯があります。

腸は自立神経と密接な関係にあります。

自立神経には、交感神経と副交感神経の2つがあります。

腸の働きが活発になるのは、副交感神経が働いているときです。

cyou

 

 

 

 

 

 

 

一日のなかでもっとも副交換神経が優位になるときは、睡眠時で、副交感神経がたかい睡眠時は、腸の運動が活発になり翌朝、便がでやすくなります。

そして副交換神経がもっともたかくなる10時~2時の時間帯を

腸のゴールデンタイムと呼ばれています。

この時間にリラックスして眠れると腸がよく働いてくれます。

食事を消化、吸収るのに3時間かかるので、3時間後には眠れる夕食が理想です。

10時の就寝は難しいですが、11時には眠れるようにこころがけると、翌日、すっきり爽快な目覚めがえれます。

眠る時間ががどうしても遅くなってしまう方、なかなか寝付けづベットにはいっても眠れない人は、ベットのなかで、お腹のマッサージをされると眠れやすくなります。

また神経を落ちつけてくれる効果の高い、アロマやハーブティーを活用するのもおすすです。アロマキャンドルをたいて、お部屋の灯りを少し暗くしてあげると、視覚や臭覚からも自然と副交感神経が優位になりやすいので、雰囲気づくりもして、腸のゴールデンタイムを意識してみてくださいね。

お腹のマッサージをする腸セラピーは、副交換神経を優位にしてくれますので、眠れないときはベットのなかで試してみてください。

腸のゴールデンタイムは、肌のゴールデンタイムでもありますので、美肌美人を目指されている方も腸のゴールデンタイムを意識をした生活を心がけてくださいね。

 

 

Twiiter

Copyright(c) 2015 All Rights Reserved.